HOME > 企業情報 > 沿革

企業情報

沿  革

1917年 創業者・田中亀久人が東京下谷区にて酸素溶断器具の製作に着手
1936年 合資会社田中製作所を設立
1963年 長野県更埴市(現・千曲市)に新工場を建設(現・長野工場)
1967年 埼玉県入間郡三芳町に新工場を建設(現・埼玉工場)
1979年 本社を現在地に移転
1989年 発振器搭載型レーザ加工機を発表
TANAKA(THAILAND)co.,LTD.(現・NIPPON CUTTING & WELDING EQUIPMENT CO.,LTD )を設立
1998年 長野工場ISO9001認証取得
1999年 埼玉工場ISO9001認証取得
2002年 日本酸素株式会社(現・大陽日酸株式会社)の産業機材部門、日酸商事株式会社、株式会社田中製作所が事業統合し、日酸TANAKA株式会社としてスタート
2004年 上海田中机械有限公司を設立
2005年 埼玉サイト、長野サイトISO14001認証取得
2007年 設立90周年記念式典を行う
ページの先頭へ