HOME > 製品案内 > 真空低温関連研究機器 > 液体窒素自動供給装置

真空低温関連研究機器

液体窒素自動供給装置

液体窒素自動供給装置

液体窒素自動供給装置MODEL-SXDⅡは、エネルギー分散型X線分析装置(その他マルチチャンネルアナライザー、非分散型X線分析装置等)の半導体検 出器を冷却するために必要な液体窒素の自動供給をより安全に行うことを目的として開発された製品です。分解能を保持する上で常に低温下におかなければなら ない半導体検出器を保護するため、冷却用液体窒素容器内の液体窒素レベルを直接検知し、常に安全な範囲に保持します。

ダウンロード
Get ADOBE READER

PDF ファイルをご覧いただくためには、Adobe® Reader® が必要です。アドビ社のサイトより無料でダウンロード可能です。

MODEL-SXDⅡ Controller

MODEL-SXDⅡ自動供給システム
MODEL-SXDⅡControllerは保存容器に貯蔵された液体窒素をボタン操作一つで安全に自動供給することが出来ます。

□自動充填機能(AUTO)
EDS検出器のレベルセンサーがLOWになると自動的に充填を開始します。レベルセンサーがFULLになると充填を停止します。

□手動充填機能(MANUAL)
MANUAL釦を押すと充填を開始します。レベルセンサーがFULLになると自動的に充填を停止します。

□MAIN TANK(液体窒素保存容器)
供給貯蔵容器の液体窒素残量を表示します。0%表示が消灯するとMAIN TANK ALARMが点灯し充填を停止します。液体窒素検知素子が故障した場合、故障した素子に対応したALARMが点灯し故障箇所を表示します。

□DETECTOR(EDS検出器)
EDS検出器の液体窒素残量を表示します。液体窒素検知素子が故障した場合、故障した素子に対応したALARMが点灯し故障箇所を表示します。


特 徴

●MODEL-SXDⅡの検知素子は液体窒素を直接検知し±3mm以内の精度で自動補給します。

●縦型レベルインジケーターでEDS検出器及び貯蔵容器の液体窒素残量を表示いたします。

●MODEL-SXDⅡのレベルセンサーは熱伝導率が低く、液体窒素蒸発量が無充填の場合と殆ど変わりません。

●多重安全回路システムを内蔵しております。 

 

MODEL-SXDⅡ System

□多重安全回路

●万一検出素子に異常が発生した時、補助検知素子が作動しEMPTY又はOVER間で充填を行い常に安全なレベルを保持します。

●タイマーで設定された規定時間内に正常な自動供給が行われない場合故障内容に対応したALARMが点灯し、充填を停止します。

LN2 Automatic Level Controller MODEL-SXDⅡ

仕   様

型   式 SXD Ⅱ 型
液体窒素保存容器 MVE社製 LAB-50
最大貯蔵量 50 リットル(L)
空体重量 15 kg
最大貯蔵時重量 56 kg
蒸発損失 0.5L/day
容器外形寸法 φ432 × H779
SXDⅡ コントローラー本体
外形寸法 W260×D280×H99
重   量 4.0 kg
電   源 AC100V 50Hz/60Hz
消費電力 10W
(ALCポンプ使用時42W)
ALCポンプ
外形寸法 W188×D250×H135
電   源 AC100V 50Hz/60Hz
重   量 5.6 kg
液体窒素レベルセンサー
検知精度 ± 3mm以内
応答速度 ON-1sec/OFF-15sec以内

※上記仕様は、改良のため断り無く変更する場合があります。

 

装置の構成

(1) SXDⅡ コントローラー
(2) 供給蓋及び気液分離器
(3) EDS用レベルセンサー
(4) 液体窒素保存容器 (LAB-50)
(5) クライオジェット ( 2本 )
(6) クライオジェット用アダプター
(7) 保存容器用レベルセンサー
(8) ALCポンプ
(9) EDSレベルセンサー用中継ケーブル
(10) 保存容器用レベルセンサー用中継ケーブル
(11) フレキシブルチューブ
( 簡易断熱材にて断熱 )

液体窒素保存容器 (オプション)

液体窒素保存容器は、30L用を選択することが出来ます。

型    式 LAB-30 型
最大貯蔵量 32リットル(L)
空体重量 12 kg
最大貯蔵時重量 38 kg
外形寸法 φ432 × H611

 

供給蓋及び気液分離器
EDS用レベルセンサー
液体窒素保存容器
(LAB-50)

ALCポンプ
クライオジェット
保存用レベルセンサー
容器アダプタ

問い合わせ先

日酸TANAKA株式会社   ガス営業部
〒105-0003 東京都港区西新橋1-16-7
大陽日酸新橋ビル 5F
TEL:03-3500-0960 FAX:03-3500-0956

ページの先頭へ