HOME > 製品案内 > プラズマ切断機 > 開先プラズマ切断機 【KT-790PMXⅡ】

プラズマ切断機

開先プラズマ切断機 【KT-790PMXⅡ】

開先プラズマ切断機 【KT-790PMXⅡ】
  動作機能一新により“生産性向上”と“切断精度向上”を実現した高性能プラズマ切断機

機体動作を一から見直すことにより大幅な動作時間の短縮を図りました。

また、新型高さ倣い制御方式の精度向上により、高精度なプラズマ開先が可能です。更に、新型プラズマ切断装置

『ペガサス500ⅢNeo』により大幅に消耗品寿命が向上しました。

ダウンロード
Get ADOBE READER

PDF ファイルをご覧いただくためには、Adobe® Reader® が必要です。アドビ社のサイトより無料でダウンロード可能です。

特長
  • 動作機能一新

個々の機体動作を見直すことにより動作時間を短縮し、生産性向上を実現しました。

  • 操作性の向上

従来からの専用操作画面を改良し、視認性のよい15”ディスプレイを採用しております。

  • 切断精度向上

     新型高さ倣い制御方式の採用により開先切断精度が一段と向上しております。

  • 新型プラズマ切断装置『ペガサス500ⅢNeo』

新開発したプラズマトーチを採用するとで消耗品寿命を大幅に向上致しました。

機体仕様
有効切断幅   (mm) 3,300 3,800 4,300 4,800 5,300 5,800
レールスパン   (mm) 4,500 5,000 5,500 6,000 6,500 7,000
有効切断長 レール全長 -4,300mm
レール全長 9,600mm(標準) 1,200mm単位にて延長可能
レールサイズ 50kg/m レール
NC装置 FANUC Series 31iMB
プラズマ切断装置 ※¹ ペガサスシリーズ または HPR-XDシリーズ
切断可能材

SS400・SM・SN材・ウォッシュ材・ジンク材・SUS材(オプション)

切断可能板厚 ※¹

軟鋼材:t6~t50mm(ペガサス500ⅢNeo搭載時)

ステンレス材:t6~t120mm(オリエント500S搭載時)

速度仕様

           加工速度:1~10,000mm/min

        早送り速度X軸:60,000mm/min(オプション)

           早送り速度:30,000mm/min(集塵装置搭載)

手動早送り速度 X軸:24,000mm/min

                  Y軸:12,000mm/min

¹ プラズマ切断装置の切断仕様は、選択するプラズマ切断装置によって異なります。                詳しくはこちらを参考にして下さい。

標準装備
  • アーク高さ倣い機能
  • イニシャルハイトセンシング機能
  • プラズマトーチ衝突緩和機能
  • 切断状態表示機能
  • 電極消耗機能
  • 座標回転機能
  • リアルタイム描画機能
  • 集塵ヒュームブロー装置 など
オプション仕様
  • 超早送り機能
  • R面取り切断機能
  • 裏開先40度切断機能
  • ステンレス切断機能
  • ドットマーキング装置
  • iマーキング装置(インクジェットマーキング)
  • 位置決め用カメラ&モニター   など

  ※ 詳しい仕様に関しては、お近くの弊社支店・営業所までお問い合わせ下さい。

動画

 

ページの先頭へ