HOME > 製品案内 > パイプ溶接 > 溶接バックシールドガス測定器O2モニター

パイプ溶接

溶接バックシールドガス測定器O2モニター

溶接バックシールドガス測定器O2モニター

ステンレス配管の溶接時に配管内部の残留酸素濃度を測る低濃度酸素測定器です。1000ppm以下の低濃度O2の測定が可能です。

製品名

低濃度酸素用測定器 O2モニター

用途

ステンレス配管溶接時のバックシールドガスの酸素濃度測定

特長
  1. 1000ppm以下の低濃度O2が測定できます。(±30ppm)
  2. 特に100ppm以下の測定に能力を発揮します。(±30ppm)
  3. 小型軽量で持ち運びに便利です。
  4. 溶接品質の向上、バックシールドガスの節約に貢献します。
仕様
形式 SWO-1000PA
測定範囲 0~1000ppm
測定精度 ±30ppm(25℃)
寸法 D124×H124×W52(mm)
重量 約1.1kg
入力電圧 AC100V
ページの先頭へ