HOME > 業種別製品案内 > 造船・鉄鋼

造船・鉄鋼

1  2
詳細 ファイバーレーザ切断機 【FMRⅡシリーズ】

発振器搭載型CO2レーザ切断機 納入実績No.1の日酸TANAKAが、独自のファイバーレーザ技術により「低ランニングコスト」および「安定した厚板切断」を可能とします。お客様の「コスト」と「切断品質」の課題を解決いたします。

詳細 高能率半自動TIG溶接システム 【サンアークTIGマイスター】

大陽日酸株式会社と共同で高能率TIG溶接システムを開発し商品化しました。TIG溶接の利点である高品質な溶接、スパッタゼロの溶接が出来ると共に半自動並みの溶着量が得られます。

詳細 ロボットガス切断機 【T.R.G.シリーズ】

TANAKAのガス切断ノウハウとロボットの組み合わせにより、様々な切断部材の二次加工を「高品質」「高精度」に切断することが可能!

詳細 ファイバーレーザ切断機 【FMMシリーズ】

「より安定したレーザ切断」と「低ランニングコスト」を実現するTANAKAのファイバーレーザ切断機に、大板定尺材用の機体カバーを装備。より安全に生産性を向上させます。

詳細 発振器搭載型CO2レーザ切断機 【LMRⅤシリーズ】

"中厚板"レーザ切断のコストパフォーマンスを追及しLMRシリーズがさらにパワーアップ。6kW高出力発振器の搭載を可能にした『LMRⅤシリーズ』。 ワンランク上の品質、高速度、高出力、高効率を低ランニングコストで実現した使いやすさが、幅広い分野でのレーザ切断をさらに進化させます。

詳細 発振器搭載型開先CO2レーザ切断機【LMZⅤシリーズ】

業界実績No.1開先レーザ切断機が更に進化「LMZⅤシリーズ」誕生!
コンパクトな機体にスリムな開先トーチブロックを搭載し、開先姿勢制御を一新!開先レーザ切断機LMZⅤシリーズが、様々な開先レーザ切断のニーズにお応えします。

詳細 発振器搭載型CO2レーザ切断機 【LMXⅦ-TF6000】

定格出力6kWの発振器を切断機上に搭載し、長尺材の連続運転が可能なレーザ切断機です。有効切断幅2.5mから5.5mまでの7機種をライナップし、お客様のご要求仕様に合わせてレールを延長する事が可能です。

詳細 発振器搭載型開先CO2レーザ切断機 【LMXⅦZ-TF6000】

定格出力6kWの発振器を切断機上に搭載し、長尺材の連続運転が可能なレーザ切断機です。開先切断機能を装備し±45度までのV開先の切断が可能です。有効切断幅2.5mから5mまでの6機種をライナップし、お客様のご要求仕様に合わせてレールを延長する事が可能です。

詳細 開先プラズマ切断機 【KT-790PMXⅡ】

動作機能一新により"生産性向上" と "切断精度向上"を実現した高性能 プラズマ切断機 機体動作を位置から見直すことにより大幅な動作時間の短縮を図りました。 また、新型高さ倣い制御方式の精度向上により高精度なプラズマ開先切断が可能です。 更に、新型プラズマ切断装置『ペガサス500ⅢNeo』により大幅に消耗品寿命が向上しました。

詳細 開先プラズマ切断機 【KT-790PJX 】

さらなる高速・高品質・高効率化を追求したNCプラズマ切断機 『KT-790PJX』 は、切断現場で高い生産性を実現します。
新開発のRA(Rotate/Angle)方式開先切断トーチブロックを採用。軽量・コンパクト・シンプル構造の開先トーチブロックで、動作速度と保守性を向上させました。

1  2
ページの先頭へ